日本社会を支える外国人労働者について、学び寄り添うことで、未来を見据えあなたのサービスをもっとグローバルに 日本社会を支える外国人労働者について、学び寄り添うことで、未来を見据えあなたのサービスをもっとグローバルに

外国人雇用管理士って
どんな資格?

こんな悩みを抱えていませんか?

人手不足や外国人雇用などの悩み 人手不足や外国人雇用などの悩み

こういった、経営者なら誰もが抱える悩みを解消するのに必要な知識を正しく学べるのが、外国人雇用管理士という資格です。

外国人雇用管理士を
取得するメリット

外国人雇用について正しい知識を身につけ、人手不足や外国人雇用などの悩みを解消できる 外国人雇用について正しい知識を身につけ、人手不足や外国人雇用などの悩みを解消できる

つまり、優秀な外国人社員を獲得し、事業成長に繋げるために必要な知識を正しく学べるのです!

外国人雇用管理士試験 第1回試験
2020年(令和2年)1月26日(日) 開催

日本社会が抱える
大きな問題

2018年度の人手不足倒産の割合は
前年度の48.2%増

少子高齢化により人口の減少が続く日本。人口の減少は生産年齢人口の減少に直結し、人手不足倒産を起こす企業が増え続けています。

日本人のバイリンガルの割合は
わずか10%未満

世界人口の半分以上が二ヶ国語を話すと言われている現代。ですが、日本人のバイリンガルの割合は、わずか10%未満だそうです。残念なことに日本は「アジア圏内で最も英語が苦手な国」とまで言われています。

こういった深刻な問題を解決し“日本社会の進展”に大きく貢献してくれる希望が見えてきました。

それが外国人雇用です。

外国人雇用によって
解消される問題

日本社会を支える外国人労働者

平成30年末現在における、在留外国人数は約273万(前年末に比べ6.6%増)人となり、外国人労働者は約146万人(14.2%増)。日本の人口減少や人手不足とは裏腹に、どちらも今後増え続けていくでしょう。

さらに、外国人労働者が解消する問題は人手不足だけではありません。

訪日外国人旅行者がもたらす経済効果は絶大

2018年の訪日外国人旅行者の消費額は約4兆8000億円にもなり、大きく日本の経済を動かす要因となりました。主に中国、台湾、韓国、香港、アメリカからの旅行者が多く、一人当たりの消費金額は約15万円と言うデータが出ています。

日本経済に大きな影響を及ぼす外国人観光客。大手企業は既に先を見据え対策を考えています。外国人労働者を雇うことで少子高齢化による「人手不足」を解消。それと同時に、サービスのグローバル化にはばかる「言語の壁」まで解消しているんです!

私たちは移り変わりゆく時代や環境に柔軟に対応し、あなたのサービスがいつも多くの人へ届くことを願っています。

外国人雇用管理士試験 第1回試験
2020年(令和2年)1月26日(日) 開催

一般社団法人
東京都
外国人就労認定機構

『外国人が働きやすい日本』を
実現する

当社団は、『外国人が働きやすい日本』を実現するため、外国籍労働者関連事業を行なっている企業と士業・個人にとって、外国人雇用に関する有益な情報を提供するプラットフォームとなるべく活動をしています。

また、外国人雇用管理士資格試験を通じ「外国人雇用に関する正しい知識を有する日本企業と担当者」を増やす活動も行なっています。

当社団の理念に共感いただける個人会員(外国人雇用管理士)・協賛会員・法人会員・賛助会員の皆様には、セミナーや入管法及び外国人労務に関する最新情報を随時提供もしています。

試験対策のご案内

外国人雇用管理士 公式テキスト

¥2,700(税別)

外国人雇用管理士試験への対策はもちろん、実際に外国人を雇用する上で必要な採用から退職までの正しい流れも理解できる構成となっております。外国人雇用管理士 公式テキスト ご購入はこちら

試験直前対策講座(80名様限定)

外国人雇用に対し前向きに考え、未来を見据えた対策をしようという方に確実に正しい知識を身につけて欲しいという想いから、当社団 理事長 加藤洋司 自らによる試験直前対策講座を80名様限定で開設します。

外国人雇用管理士試験や、実際の外国人雇用において重要なポイントをしっかりと伝え、試験直前対策講座に参加された80名様全員の一発合格を目標としています。試験直前対策講座お申し込みページはこちら

¥12,980(税込)

[開催日時]
令和2年1月18日(土)
13:30〜15:30 (13:00-受付開始)
[開催場所]
全国家電会館
東京都文京区湯島3-6-1 全国家電会館 1階会議室(定員80名)
(東京メトロ千代田線・油島駅5番出口 徒歩5分)
(東京メトロ銀座線・末広町駅 徒歩5分)

お申し込み状況

お申し込み状況のご紹介

ありがたいことに現時点でお申し込み頂いた数は300を超えております。

一部上場企業
自治体職員
外国人労働者
人材関連事業者
インバウンド事業者
監理団体・登録支援機関
学生

大学
旅行会社
不動産
病院・介護施設・社会福祉法人
士業(弁護士、行政書士、社労士等)など、

非常に幅広く、外国人雇用に興味を持たれている方々から、お申し込み・お問い合わせを頂いております。

頂いたお声のご紹介

お申し込みされた理由について実際に頂いたお声をご紹介致します。

「外国人を雇用する必要が生じ、網羅的な知識を習得したいと思ったため」

「顧客先から外国人雇用に関する質問を多数受けるようになり、顧客に正しい情報を提供したいと思ったため」

「外国人人材関連事業を行なっており、当事業を行うために適切な知識と資格を取得したいと思ったため」

「これから外国人人材関連事業を始める際に、役立つ資格だと思ったため」

「すでに外国人が職場におり、会社側と外国人労働者双方のストレスを軽減したいため」

「職場の外国人労働者の離職率を下げたいため」

「初めて外国人を雇用する際のアドバイスをもらいたいため」など、

外国人雇用のニーズを強く感じ、対策を講じられている方からのお申し込み・お問い合わせが増えております。

お申し込みについて

外国人雇用管理士試験 第1回試験

札幌・東京・大阪・福岡・シンガポールCBDエリア内(全5試験地 開催)

東京会場:
東京都品川区東五反田2-3-5 五反田中央ビル6階
(JR 山手線・都営浅草線・東急池上線「五反田駅」東口より徒歩3分)

大阪会場:
大阪府大阪市中央区北浜東3-14 エル・おおさか 本館6階(大阪府立労働センター 本館6階)
(大阪メトロ 谷町線・御堂筋線「天満橋駅」より徒歩5分)

福岡会場:
福岡県福岡市中央区天神4-8-10 都久志会館6階
(地下鉄「天神駅」徒歩7分。「西鉄福岡駅」徒歩10分。バス停「天神中央郵便局前」徒歩3分)

札幌会場:
北海道札幌市中央区北5条西6-1-23 第二北海道通信ビル2階
(JR「札幌駅」西口より徒歩5分)

※シンガポール会場につきましては、お申し込み者様にお知らせいたします。

2020年(令和2年)1月26日(日) 開催
13:00 受付開始
14:00 試験開始
16:00 試験終了

受験料 ¥9,900

◆申込受付締切
2020年1月20日(月)
※但し、各試験会場のお申し込み可能数の上限に達し次第、
受付締切前にsold outとなります。お早めにお申し込みください。

当社団概要

『外国人が働きやすい日本』を
実現する


代表理事 加藤 洋司
社団所在地  〒141-0021 東京都品川区上大崎3丁目1番30号

経営者なら誰もが抱える悩みや、日本が抱える大きな問題を解消するのに必要な知識を正しく学べるのが、外国人雇用管理士という資格です。優秀な外国人社員を獲得し事業成長に繋げるために、様々な角度から日本社会を支える外国人労働者について、私たちと一緒に学んでみませんか?